妊娠中に葉酸サプリを活用!健康維持に最適

栄養不足なのか疲れが溜まりやすかったり貧血になりました

妊娠してから最初は良かったのですが、数ヶ月くらいから体調が優れなくなりました。とても疲れが溜まりやすく、なかなか動けない事が多かったです。特に酷かったのが貧血です。

朝起きた後フラフラする事が多く、どうにか出来ないかと思い見つけたのが葉酸サプリでした。ネットで色々妊娠中に良いサプリを探していた時に、みんなが飲んでいるというのを知って、これは私も葉酸サプリを一度試してみようという気になり、購入を決意しました。

「ベルタ」は栄養不足を手軽に補えて便利

私が愛用していた葉酸サプリが、「ベルタ」という商品です。ネットで評判が良かったというのと、妊婦さん向けの情報誌に取り上げられていたというのが理由です。私がまず気に入ったのが、無添加に気を使っていて、安心して飲めるという点です。

妊娠中は自分の身体だけでなく、赤ちゃんにも悪影響がないように気を使うので、こういった商品はとても使いやすいです。葉酸サプリですが、鉄分やビタミンなど、他の栄養もたくさん含まれているというのもポイントでした。

葉酸サプリのおかげで貧血や疲れが解消されました

妊娠してから長い事貧血や、疲れの溜まりやすさに悩んでいたのですが、葉酸サプリを飲むようになってだいぶ改善されました。毎日数粒飲むだけで簡単ですし、これだけ変化が出たのには驚きです。栄養はしっかりと摂りたいですが、つわりなどで満足に食べられない事もあるので、こういった商品があるとありがたいです。

葉酸サプリを飲むようになって、自分自身だけでなく、赤ちゃんにもしっかりと栄養が行き届いていたように感じます。おかげで元気な赤ちゃんを生む事が出来ました。

妊活には良質の栄養素をまんべんなく摂取することが大事!

たんぱく質が多めの献立を考える

現在妊活中ですが、毎日規則正しい生活を送るようになって肌トラブルも解消しました。

とにかく早寝早起きは三文の得だと感じています。また、野菜中心にたんぱく質の量を増やしています。

これまで不摂生をしていた分、様々な料理に挑戦し体内から健康へ繋がるような献立を作りたいと思っています。良質のたんぱく質の中でも大豆を取り入れた献立はヘルシーで栄養も多く含んでいます。また、妊活中は貧血などにも気を付けることが大切です。

栄養を考えた妊娠に向けての献立作り

例えば、豆腐を使った料理はたくさんありますが、豆腐だけだと味気ないのでもやしやインゲン、人参、しいたけなどを小さく刻んで具だくさんのあんかけを作ります。豆腐は厚揚げなども利用することがあります。妊活中はたんぱく質を多く含む食材を活かしてメニューを考えています。

またその他にもおからのコロッケ、豆乳スープ、豆腐のコロッケなど色々作っています。妊活の最中はできるだけ食生活を考えながらヘルシーで栄養価が高いものを中心に食べることを気を付けています。

規則正しい食生活の重要さ

お蔭で基礎体温も順調で、妊活している私にとってまんべんなく栄養を取り入れることは大事なことだと感じています。また、肌荒れや便秘も改善できたので良かったと思います。これまで食生活が乱れていたことを反省しました。

そして1年後念願の赤ちゃんを授かることができました!妊娠が判明した時には10年間不妊で悩んでいた暗い気持ちが吹き飛びました。食生活は妊娠するためにはとても重要なポイントだと思います。

妊活を終えても規則正しい食生活は毎日続けています。

生活リズムを整え、リラックスした気持ちでいること

生活リズムを整え心をリラックスさせること

妊娠がわかり入籍した、いわゆるでき婚でした。必ず避妊していた中でのたった一度の失敗で妊娠したこともあり、「こんなに簡単に妊娠してしまうんだ。避妊しなかったら、すぐに赤ちゃんができるんだ。」そう思っていました。

初めての育児・育児しながらの職場復帰・保育園と毎日を慌しく過ごして、2人目は2歳はあけよう、と思っていました。1年ほど働き退職しました。少し心にも余裕がうまれ、2人目を考えるようになりました。現実は甘くはありませんでした。2歳差で出産と考えていたのに、なかなか妊娠しませんでした。

半年ほどの生理周期に合わせ妊活し、ようやく妊娠しましたが、妊娠判明から半月足らずで流産してしまいました。初期流産だったので、何の処置もなく、周囲にも話をする前だったので相談する人もなく、その当時は少し思いつめていたと思います。初期流産なので「誰が悪いとか、動きすぎたとかではなく、生まれてくる力がなかったんだよ。」と産婦人科の先生が言ってくれました。

それでも何か悪かったのかな、と考えるようになりました。食生活はバランスよく、野菜は体を温める根菜を増やしました。コーヒーが大好きだったのですが、コーヒー2、3杯を一回は生姜入りの紅茶に変えてみました。主人にはタバコをやめてもらいました。禁煙には2カ月ほどかかり、その後も数ヶ月はイライラしていたようです。

生活を早寝早起きのリズムに変え、土日もなるべくリズムを崩さずに過ごしました。リズムが整うとすごく毎日が爽快になり、妊娠しないことに落ち込んだりイライラすることも減りました。

「2人目ができなかったら、1人でもいいね。それも幸せかもね。」と夫婦で話せるくらいになり、2人目を諦めた翌月に妊娠が発覚しました。知らず知らずに自分でプレッシャーをかけていたのかもしれません。生活リズム改善と禁煙が良かったのかもしれません。

食事だけから葉酸を取ることが難しくなり、サプリを利用しました

私は、30代の半ばで第一子を妊娠しました。不妊治療を受けた末に授かった赤ちゃんでした。やっと授かった赤ちゃんのためにできることは何でもしてあげたくて、ピジョンんの葉酸のサプリメントを飲んでいました。

もともとは、サプリメントで栄養をとるよりは、食生活に気を付けて、食べ物から栄養をとる方がいいだろうと考えておりました。妊娠する前も、サプリメントはあまり飲んだことはありませんでしたし、妊娠してからも余計なものは取りたくないと考えていました。

そんな私が葉酸のサプリメントを飲むようになったのにはわけがあります。妊娠が分かってから購入した本には、赤ちゃんの健康的な発育のためには葉酸が大切であるということが書かれており、理想的な摂取量も書かれていました。いろいろな食材に含まれる葉酸の量も書かれていたのですが、一日の理想摂取量を取るためには相当な努力をしなければならないことが分かったのです。

しかも、妊娠してからつわりがひどくなってくると、十分に食べ物が食べられなくなってしまい、栄養が十分に取れていないのではないかと自分自身が不安に感じるようになったのです。そこで、自分が不安に感じていろいろ悩む位なら、サプリメントを利用してみるのもいいのではないかと考え、サプリメントを飲み始めたのです。

結果的には、お腹の赤ちゃんは順調に大きくなり、出産時には3800グラムを超える体重で生まれてきてくれました。元気に生まれてきてくれて、感謝感謝です。